[第19回]国家試験解説[AP令和5年秋]

応用情報技術者試験 令和5年秋期 問34

サブネットマスクが 255.255.252.0 のとき,IPアドレス 172.30.123.45 のホストが属するサブネットワークのアドレスはどれか。

ア:172.30.3.0    イ:172.30.120.0  
ウ:172.30.123.0  エ:172.30.252.0

出典 IPA公開[過去問題]:https://www.ipa.go.jp/shiken/mondai-kaiotu/ps6vr70000010d6y-att/2023r05a_ap_am_qs.pdf

IPアドレスの問題ではIPアドレスとサブネットマスクを2進数へと変換して計算します。

今回の問題は「サブネットワークアドレス」を求める問題です。このパターンの問題ではIPアドレスとサブネットマスクを1ビット単位でAND演算を行います。そうすることで、サブネットワークアドレスを求めることができます。

丁寧な解説をすると1ビットずつAND演算する説明をするのですが、解答群を見て下さい。全て「172.30」の部分が共通しています。今回のようなIPアドレスとサブネットマスクをAND演算するパターンではサブネットマスクの「全て1になっているブロック」と「全て0になっているブロック」は無視して構いません。

ということは、計算するのは「1と0が混合しているブロック」(3ブロック目)だけで構いません。

上記のように「0111 1000」となるので、10進数に変換すると「120」となります。

正解は「イ:172.30.120.0」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です